アービトラージと他の投資

アービトラージ、裁定取引と他の投資(株、FX、事業投資、投資信託などなど)を分ける言葉は今まででも再三出てきていますが、

この一言につきます。

他の投資は、過去の経験則や過去の傾向、歴史を考えて、未来はこうなるだろうという予測をしているにすぎないのです。

だから必ず負ける人がいるんですね。

予測は間違う可能性がありますから。

不確定な未来に予想しているんです。

一方アービトラージは作業なのです。

アクセル踏んだら車は前に進む、リモコンのスイッチを押せばテレビがつくというのと同じようにこれをしたらこうなるというのがきまっているんですね。

アービトラージ、裁定取引をしたら利益がでる。

こういう決まりきった作業なのです。

これがアービトラージ、裁定取引と他の投資を分かつ大きな違いです。

今までの記事を振り返る方はこちら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする